特別養護老人ホーム ながまち荘

ながまち荘は市北部に位置しており、蔵王の山並み、白鷹丘陵と月山、朝日連峰等が望める風光明媚なところにあります。職員一同、ご利用者の皆様方のニーズ(要望)に心ゆくサービスが提供できますよう、日々努力しております。

施設長挨拶

施設長峯田幸悦

魅力ある施設づくり

平成2年に開設したながまち荘は山形市北部に位置しており、蔵王、月山、朝日連邦等が望める風光明媚なところにあります。当荘は自立支援を標榜とする「ゼロゼロセブンの誓い」や国際・改善・貢献と新たなる介護力の目指すべきあり方を示した「新3K」、ながまち荘・済生会ブランドから世界に発信することを目的とした「N式介護」等、新時代の介護に向けた取り組みを実践しております。2018年2月、大阪で開催された第7回介護甲子園決勝大会では全国6472事業所中、施設部門トップである最優秀賞を獲得し日本一になりました。また、海外の人材として、インドネシアからEPAに基づく介護福祉士候補者の受け入れを行っており、これまで2名の介護福祉士合格者も誕生しております。自立支援介護、人間尊重、人材育成、地域福祉拠点をモットーに様々な魅力ある施設づくりに励んでおりますので、これからも職員一丸となって日々邁進していきたいと考えます。

運営理念

事業内容

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設) [定員 80名]

食事や排せつ、入浴など、常時介護が必要となり、自宅での生活が困難となった(要介護認定を受けた)方が入居、生活しています。介護スタッフは、介護支援専門員が作成した施設サービス計画(施設ケアプラン)に基づいて、日常生活全般の介護、機能訓練、健康管理を行います。自立支援介護、学習療法、園芸療法なども効果的に活用しながら、入居者の皆さんに元気になって頂けるケアを行っております。

短期入所生活介護事業/介護予防短期入所生活介護事業
(ショートステイ)[定員 20名]

要介護、要支援の認定を受けた高齢者が一時的に入所し、食事・入浴・排泄等、日常生活全般の介護を受けることが出来るサービスです。本人の心身の特性を踏まえて、能力に応じた自立した日常生活が営むことが出来るよう援助し、利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図れるように心がけています。

通所介護事業/介護予防通所介護事業
(デイサービス)[定員 30名]

ご利用者様が自宅で安心して生活を送れるよう、介護福祉士・看護師による手厚いサービスを提供する体制を整えております。認知症に関するケアでは、非薬学療法を中心に、心身機能の活性化を図るべく四季に合わせた外出活動や、一人ひとりの利用者様に合わせた選択メニューを準備し支援しております。

おれんじサポートチームえがお

認知症初期集中支援チーム:医療・介護の国家資格を保持するスタッフが、山形市北部地域にお住まいの認知症の方とご家族を訪問します。その上で、担当圏域の地域包括支援センターと協力しながら、対象者アセスメント、体調管理、環境改善、家族支援等を包括的・集中的に行います。
認知症地域支援推進員:認知症の方やその家族と医療機関や介護サービス及び地域の支援機関をつなぐコーディネーターとしての役割を担うと共に、認知症に対する医療と介護の連携強化や地域における支援体制を構築します。

介護予防・日常生活支援総合事業 通所型サービスCおよび訪問型サービスC
(山形市元気あっぷ教室)[定員 10名]

65歳以上の要支援の方、または基本チェックリストで事業対象者と判定された方を対象とした6ヶ月集中の通所サービスです。作業療法士を中心とした専門のスタッフによる、マシンを使った運動プログラムを提供、体力の向上を図り、住み慣れた地域で生活を続けていけるようサポートしております。

居宅介護支援事業

ご本人とご家族の意向や要望に沿った居宅サービス計画書を作成し、各介護サービスや社会資源を有効活用、選択できるよう、事業所との連絡・調整を行います。

済生会なでしこ地域包括支援センター

山形市の委託による地域高齢者の総合相談窓口です。介護や介護予防を必要とする高齢者の方々が、医療・保険・福祉のサービスを適切に利用できるよう、社会福祉士、保健師、主任介護支援専門員の各種専門職が、お手伝いさせていただきます。または成年後見人・高齢者虐待などのご相談も受け付けております。
(担当地区:千歳、出羽、大郷、明治)

<利用要件>

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設) 介護保険の要介護3~5の認定を受けた方が利用できます。要介護1,2の方でも特例的に入居が認められる場合もございます。
短期入所生活介護事業/介護予防短期入所生活介護事業(ショートステイ) 介護保険の要支援・要介護認定を受けた方が利用できます。
通所介護事業/介護予防通所介護事業(デイサービス) 介護保険の要支援・要介護認定を受けた方が利用できます。
居宅介護支援事業 居宅で生活をしている方で、介護保険の要介護認定を受け、介護計画の作成や介護サービス事業所との連絡調整等が必要な方が利用できます。
済生会なでしこ地域包括支援センター 65 歳以上の要支援の方、または基本チェックリストで事業対象者と判定された方が利用できます。
居宅介護支援事業 山形市の千歳地区、出羽地区、大郷地区、明治地区の65歳以上の高齢者の方が利用できます。
おれんじサポートチーム「えがお」 山形市内在住の方が利用できます。まずは各地区の地域包括支援センターにご相談ください。
介護予防・日常生活支援総合事業 通所型サービスCおよび訪問型サービスC(山形市元気あっぷ教室) 介護保険の要支援1・2、または基本チェックリストで事業対象者の判定を受けた方が利用できます。対象者の詳細については各地区の地域包括支援センターにご相談ください。

施設概要

施設の開設日 平成2年7月1日
所在地 〒990-0811 山形県山形市長町751番地
電話 023-684-2391
FAX 023-684-2394
土地 敷地面積 9,477.33㎡
延べ床面積及び建物構造 3,788.3㎡ 鉄筋コンクリート造平屋建
居室の状況 <介護老人福祉施設>【従来型個室】個室8室【多床室】2人部屋4室 4人部屋16室
<短期入所生活介護事業>【多床室】 4人部屋5室
職員数 全職員109名
有資格者数 保健師3名、看護師13名、准看護師1名、理学療法士1名、作業療法士2名、社会福祉士9名、精神保健福祉 士3名、介護福祉士46名、保育士4名、管理栄養士1名、介護支援専門員24名、歯科衛生士2名、社会福祉主事9名

施設へのアクセス方法

協力医療機関

行 事

ダウンロード

お問合せ

ながまち荘 ブログ