養護(盲)老人ホーム 山静寿

山静寿の由来

孔子の論語『雍也第六 143』によると、「知的な人(知者)の動きは流れて止まぬ水の如きものであり、変化を好んで楽しみが尽きることがないが、穏やかな人(仁者)は静かな山の如きもので、ゆったりしており、長生きである」と語られている。当施設で生活されるにあたり、仁者のように穏やかにゆったりと暮らして頂きたい、という願いを込めて、『山静寿』と命名いたしました。
※仁...深い愛で相手の立場を思いやり、広い心で受け入れる心。

施設長挨拶

施設長武田 吉美

この施設は、本県唯一の養護盲老人ホームであり、また多くの入所者は、中高齢になってからの中途視覚障害者である特徴があります。施設では、自立を支援するためのサインの工夫を施設に散りばめながら、目が不自由だからなにもできないという概念ではなく、自ら動いて生活を送ってもらう事の支援に努めています。同障害がある方同士の生活は静かな生活を送られており、環境においても貴重な施設であります。

運営理念

事業内容

養護老人ホーム

個別支援計画書(入所されている方々の状況や希望に合わせてサービスを計画するもの)に基づきサービスを提供致します。日常生活の支援や健康管理には、相談員や看護師、支援員など専門的な知識を持つスタッフがあたります。また、特に視覚障がい者の方々にも十分対応するため、スタッフは常に研鑽に努め、自立した生活を支援いたします。入所後であっても、それまでの社会的な活動を継続できるよう支援します。

<利用要件>

おおむね65歳以上の方で、環境上、経済上の理由により、在宅生活の継続が困難な方が入所できます。
(入院が必要な方は入所できません)
視覚障がい者、主に視覚障がい1級及び2級の方を受け入れる施設です。(障害のない方も入所できます)

施設概要

施設の開設日 平成26年4月1日
所在地 〒990-2474 山形県山形市大字沼木字下河原1133-1
電話 023-645-8300
FAX 023-664-0145
土地 敷地面積 9,716.60㎡(特別養護老人ホーム山静寿施設内に併設)
延べ床面積及び建物構造 2,210.92 ㎡ 鉄筋コンクリート造地上2階
居室 個室50室
併設施設 特別養護老人ホーム山静寿
職員数 26名(非常勤職員含む)
有資格者数 看護師2名、准看護師1名、社会福祉士1名、介護福祉士9名、管理栄養士1名、介護支援専門員5名、社会福 祉主事8名

施設へのアクセス方法

協力医療機関

行 事

ダウンロード

お問い合わせ

養護(盲)老人ホーム山静寿 ブログ